上級者向けのクロスバイクおすすめランキングTOP5!選び方やメリットも解説

未分類

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置する自転車で、街乗りからサイクリングまで幅広く楽しめる人気の自転車です。

しかし、初心者向けのものだけではなく、上級者向けのものもたくさんあります。

上級者向けのクロスバイクとは、どんな特徴があるのでしょうか?

上級者向けのクロスバイクとは?

上級者向けのクロスバイクとは、一般的に以下のような特徴を持つ自転車です。

  • 軽量で高剛性なフレーム素材(カーボンやアルミなど)
  • 高性能な変速機やブレーキ(外装変速やディスクブレーキなど)
  • デザインやカラーリングにこだわりがある

上級者向けのクロスバイクは、初心者向けのものよりも高価ですが、その分走りやすさや耐久性が高く、長距離や高速で走ることができます。

上級者向けのクロスバイクの選び方

上級者向けのクロスバイクを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 予算と目的に合わせて選ぶ
  • 自分に合ったサイズを選ぶ
  • メーカーやブランドにこだわらない
  • 実際に試乗してみる

予算と目的に合わせて選ぶことは、どんな自転車でも重要ですが、特に上級者向けのものは価格帯が幅広いため、必要以上に高いものを買わないようにしましょう

また、目的によって必要な機能や性能が異なります。

例えば、通勤や通学で使うなら耐久性や安全性が重要ですが、サイクリングで使うなら走行性能や快適性が重要です。

自分がどんなシーンで使いたいかを明確にしておきましょう

自分に合ったサイズを選ぶことも大切です。
サイズが合わないと姿勢が悪くなり、疲労やケガの原因になります

また、走行性能や操作性も低下します。
サイズは身長や股下などの体型によって異なりますが、一般的には以下の表のようになります。

身長サイズ
150cm以下XS
150~165cmS
165~175cmM
175~185cmL
185cm以上XL

メーカーやブランドにこだわらないことも大事です。

有名なメーカーやブランドは品質や信頼性が高いと言われますが、それだけで選んでしまうと自分に合わないものを買ってしまう可能性があります。

また、知名度が低いからといって性能が悪いというわけではありません。
自分の目的や好みに合ったものを選ぶことが最優先です。

上級者向けのクロスバイクおすすめランキングTOP5

それでは、上級者向けのクロスバイクの中から、おすすめのランキングTOP5を発表します。

価格帯や性能、デザインなどを総合的に判断して自転車整備士視点から選んでいますが、あくまで個人的な意見ですので、参考程度にしてください。

第5位:GIANT ESCAPE RX DISC

メーカー:GIANT (ジャイアント) 重量:9.9kg 変速:外装22段 ブレーキ:油圧ディスクブレーキ

GIANT (ジャイアント)は台湾発祥の世界最大の自転車メーカーです。高品質で低価格な自転車を提供しています。

ESCAPE RX DISCは、カーボンフレームと油圧ディスクブレーキを搭載した高性能なクロスバイクです。

軽量で剛性が高く、快適な走り心地を実現します。

デザインはシンプルでスタイリッシュで、カラーバリエーションも豊富です。

第4位:GRAN SPEED 100-D 

メーカー:MERIDA (メリダ)  重量:10.6kg 変速:外装22段 ブレーキ:油圧ディスクブレーキ

MERIDA (メリダ)は台湾発祥の自転車メーカーで、世界的に高い評価を得ています。

GRAN SPEED 100-Dは、カーボンフォークと油圧ディスクブレーキを搭載した高性能なクロスバイクで、手に入れやすい価格を実現したハイコストパフォーマンスコミューターです。

フォークはカーボン製で軽量で剛性が高く、路面の振動を吸収します。

ブレーキは雨や泥の影響を受けにくく、安全性も高い油圧式のディスクブレーキ、

変速機はシマノ製で、前3枚の外装式で22段変速です。

タイヤはMAXXIS製で、耐パンク性やグリップ性に優れる700×32Cのサイズです。

第3位:TREK FX SPORT 4

メーカー:TREK (トレック) 重量:約10.74kg 変速:外装20段 ブレーキ:油圧ディスクブレーキ

TREK (トレック)はアメリカ発祥の自転車メーカーで、世界中で愛用されています。

  • フレームは400シリーズのOCLVカーボンを採用しており、軽量で剛性が高く、快適な走り心地を提供します。
  • ブレーキは油圧式のディスクブレーキで、高い制動力と操作性を発揮します。雨や泥の影響を受けにくく、安全性も高いです。
  • 変速機は外装式で20段変速です。シマノ製のパーツを採用しており、滑らかで正確なシフトチェンジが可能です。
  • タイヤはボントレガー製の耐パンク性やグリップ性に優れた700×32Cのサイズ。

第2位:FELT フェルト 2022 VERZA SPEED 40 ヴェルザ スピード40


メーカー:FELT フェルト 重量:11.9kg 変速:外装16段 ブレーキ:油圧ディスクブレーキ

  • フレーム素材はアルミで、ロードバイクの最新テクノロジーを取り入れて快適性と剛性を高めています。

    シートステーは垂直方向にしなるように設計されており、振動吸収性と路面追従性を向上させています。
  • タイヤは700x30c、スピードと快適性のバランスに優れます。
  • 変速段数は2×8で、シマノ製のコンポーネントを採用しています。
    ブレーキは油圧式ディスクブレーキで、どんなシーンでも安定した制動力を提供します。

第1位:BIANCHI ビアンキ 2022年モデル ROMA2 ローマ2


メーカー:BIANCHI ビアンキ  重量:11.5kg 変速:外装18段 ブレーキ:油圧ディスクブレーキ

BIANCHI ビアンキ 2022年モデル ROMA2 ローマ2 クロスバイクは、高速走行が得意なシリーズの最上位モデルです。

  • フレーム素材はアルミで、軽くて剛性が高いです。
  • タイヤは700x28cの細いもので、空気抵抗が少なくスピードに優れます。
  • ブレーキは油圧式ディスクブレーキで、制動力が強く安全です。
  • カラーは2色あり、ビアンキのトレードマークであるチェレステカラーも選べます。

ROMA2は、カジュアルに乗れるフラットバーロードに近いスペックのクロスバイクです。
しっかりとした2台目以降におすすめの一台です。

上級者向けのクロスバイクのメリット

上級者向けのクロスバイクには、以下のようなメリットがあります。

  • 高い走行性能と快適性を楽しめる
  • 長距離や高速で走ることができる
  • 自分好みにカスタマイズすることができる
  • 高品質で耐久性が高い

上級者向けのクロスバイクは、初心者向けのものよりも高価ですが、その分走りやすさや耐久性が高く、長く使えます

また、自分の目的や好みに合わせて機能やデザインを変えることも可能です。

上級者向けのクロスバイクであれば、街乗りからサイクリングまで幅広く楽しめます。

まとめ

以上ランキングの5つが自転車整備士視点から見たおすすめの車体です。

上級者向けのクロスバイクとは、軽量で高剛性なフレーム素材、高性能な変速機やブレーキなどを搭載した自転車です。

クロスバイクを選ぶ際には、予算と目的に合わせて選ぶことや自分に合ったサイズを選ぶことなどに注意しましょう。
また、実際に試乗してみることもおすすめです。

本編でも記載している通り、自転車は整備点検済などの表記がない限り既に点検をされているケースはほとんどないです。

そのため、自転車の形になっていてもブレーキ等の調整が済んでいないので、自転車屋さんに整備をお願いしに行きましょう。

段ボールに詰められて入っている場合、自分でできるようにちょっとした工具も入っている場合もありますが、その際も整備に持っていくことを強くオススメします

届いたままの段ボールに入った状態で持っていっても受け付けて貰えることがほとんどです(ゴミも捨ててもらえたり)。

事前にお店に確認を取っておけば、なおスムーズですね。

そのついでに自転車店では防犯登録もお願いできることが多いので、販売証明書を持参して、やっておきましょう。

防犯登録は義務化されています。

都道府県によって持参物は違いますが、防犯登録料、販売証明書、本人確認書類、車体本体があればほとんどの場合は大丈夫です。

そして、選んだ自転車にどんなパーツをつければいいのか、どんな乗り方をすればいいのか以下のサイトのリンクから飛んでいただくと詳しく分かるようになっていますのでぜひ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたにピッタリの自転車が見つかりますように。

クロスバイクおすすめランキング~自転車整備士がメリット・デメリットなど詳しく解説~
自転車整備士が作るクロスバイクのサイト。おすすめ車種をランキング形式で紹介や、つけておきたいパーツ、メンテナンス情報、乗り方の解説まで。自転車整備士ならではの視点から、失敗しないクロスバイクの選び方を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました