激安クロスバイクおすすめランキング【自転車整備士が作成】

未分類

ここでは五万以下で購入できるクロスバイクをランキング形式でご紹介します。

本編でも記載している通り、自転車は整備点検済などの表記がない限り既に点検をされているケースはほとんどないです。

そのため、自転車の形になっていてもブレーキ等の調整が済んでいないので、自転車屋さんに整備をお願いしに行きましょう。

段ボールに詰められて入っている場合、自分でできるようにちょっとした工具も入っている場合もありますが、その際も整備に持っていくことを強くオススメします。

届いたままの段ボールに入った状態で持っていっても受け付けて貰えることがほとんどです(ゴミも捨ててもらえたり)。

事前にお店に確認を取っておけば、なおスムーズですね。

そのついでに自転車店では防犯登録もお願いできることが多いので、販売証明書を持参して、やっておきましょう。

防犯登録は義務化されています。

都道府県によって持参物は違いますが、防犯登録料、販売証明書、本人確認書類、車体本体があればほとんどの場合は大丈夫です。

クロスバイクは初めてだし・・・。どういった乗り方をするのか、パーツはどのようなものがあるのか知っておきたい!
という方は先に、以下のサイトをご覧になっていただけたら疑問が解決するかと思います。

クロスバイクおすすめランキング~自転車整備士がメリット・デメリットなど詳しく解説~
自転車整備士が作るクロスバイクのサイト。おすすめ車種をランキング形式で紹介や、つけておきたいパーツ、メンテナンス情報、乗り方の解説まで。自転車整備士ならではの視点から、失敗しないクロスバイクの選び方を紹介しています。

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの特徴を併せ持つスポーツ自転車です。

街中での走行性能や快適性を重視したモデルが多く、通勤や通学、サイクリングなどに最適です。

しかし、クロスバイクにもさまざまな種類や価格帯があり、初心者にとってはどれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、この記事では、予算5万円以下で購入できるおすすめのクロスバイクを3選ご紹介します。

それぞれのモデルの特徴などを解説し、初心者の方でも安心して選べるようにしています。ぜひ参考にしてください。

選び方

5万円以下のクロスバイクとは、予算が限られている人でも手頃な価格で購入できるモデルです。

しかし、安いからといって性能が劣るわけではありません。

有名メーカーが発売するモデルも多くあり、高品質なパーツや軽量なフレームなど、十分な性能を備えています。

クロスバイクを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • タイヤの太さ
  • 変速機構
  • フレームの材質や重量
  • フレームのサイズ
  • スタンドや泥よけなど

それでは、これらのポイントを詳しく見ていきましょう。

タイヤの太さ

タイヤの太さは、乗り味や日常の使い勝手に関係してきます。
クロスバイクは28mm(28c)、30mm(30c)、32mm(32c)、35mm(35c)が一般的です。

細いほど軽くなり、スポーティーな走りが楽しめますが、空気圧を高くする必要があるので、乗り心地はかたくなり、段差などに気を遣う必要が出てきます。

太いほうが衝撃には強く、クッション性も上がって乗り心地もよくなりますが、加速感はやや重くなります。

以前はクロスバイクでは28cが標準的でしたが、最近は30c以上が一般的。スポーティーな走りが好みなら28cか30c、快適性重視なら32c以上がおすすめです。

一回り上、下なら購入後に別の太さのタイヤに交換することもできます。

変速機構

変速機構は、ギア(歯車)を切り替えることで高速巡航や登坂を楽にしてくれるものです。

ペダル部分(フロント)と後輪部分(リア)に備わっており、前後の段数の組み合わせで変速数は決まります(フロント×リア=段数)。

フロントが3段、リアが8段なら24段(速)となります。

段数が多い方が対応力は高まりますが、入門グレードのクロスバイクでは、変速機構がリアのみで、フロントにないもの(シングル)があります。

通勤・通学などで平坦な都市道路を走る程度ならフロントがシングルでも十分ですが、

これを機会に自転車を趣味にしてみたい、遠出などをしてみたいという人は、フロントにも変速機構を備えたモデルのほうが将来も楽しめるでしょう。

下記のリンクから上級者向けクロスバイクをまとめていますのでぜひご確認ください。

上級者向けのクロスバイクおすすめランキングTOP5!選び方やメリットも解説
クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置する自転車で、街乗りからサイクリングまで幅広く楽しめる人気の自転車です。しかし、初心者向けのものだけではなく、上級者向けのものもたくさんあります。上級者向けのクロスバイクとは、どんな...

フレームの材質や重量

スポーツ車のフレームの素材には、主に「アルミ(合金)」「クロモリ(クロムモリブデン鋼)」「カーボン」があります。

入門グレードのクロスバイクは、低コストかつ軽量で剛性も確保できるアルミ製がほとんどです。

前輪を挟み込む「フロントフォーク」と呼ばれる部分だけクロモリを採用し、しなやかな乗り心地を実現しているモデルもあります。

クロスバイクの重量は11kg前後が一般的です。
軽いほうがより軽快ですが、10kgを切るようなライトウェイトモデルは価格が高くなります。

フレームのサイズ

スポーツ車はタイヤの大きさは同じ(クロスバイクなら700)ですが、フレームは乗る人の身長に合わせて異なるサイズが用意されています。

フレームの各部の寸法だけではなく、フロントのクランクの長さも調整されているモデルもあります。

サイズと対応身長の目安が記されているモデルもあるので、確認しておきましょう。

スポーツ車は購入前に実車に試乗してサイズなどを確かめるのが基本です。

スタンドや泥よけなど

一般車(ママチャリ)は後輪の泥よけやスタンド、前かご、ライトなどが標準装備されていますが、クロスバイクはそうではありません。

クロスバイクはスポーツ車として開発されたものなので、重量や空気抵抗を減らすために装備を最小限に抑えています。

また、ライトやベルなどは交通法規で義務付けられているものもあるので、注意しましょう。

おすすめランキング

第1位

クロスバイク シマノ製6段変速 700×28c |軽量 自転車 じてんしゃ 本体 シマノ shimano シティサイクル アウトドア スポーツ メンズ レディース ギフト 送料無料 CL266


・タイヤ→700×28c

・変速は後ろのみ6段変速

・適応身長 約155cm〜 (個人差有)

楽天ランキングのクロスバイク部門で1位を獲得したこのクロスバイク

評価、レビュー数で見ても多くの人に選ばれていることがわかります。

実際自転車屋で働いていた時もよくこの自転車を整備していました。
本当に乗っている人が多いのだと感じます。

初めからスタンドも付いているので別途購入する必要はありません。

豊富なカラー数のため、あなたにピタッと合う色が見つかるはずです。

第2位

ハマー CRB7018DR(ディープリム)


・タイヤ→700×32c

・変速は前後18段変速

・適応身長 約160cm〜 (個人差有)

魅力は何といってもかっこよさ。ハマーのエンブレムが車体各所に散りばめられています。

この値段で変速が前後装備されているのはかなりコスパがよく、その点もおすすめできます。

こちらも第1位の自転車と同じように人気で乗ってる人が多く、よく整備点検していました

第3位

クリーム Cream Cross(クリーム クロス)-O クロスバイク 通勤 通学にイチオシの クロスバイク 自転車【CB2004


・適応身長 155cm〜(430mm)

      165cm〜(480mm)

      175cm〜(530mm)

・タイヤ→700×32c

・変速は後ろのみ7段変速

こちらはサイクルベースあさひさんのCream cross。ライト、サイドスタンドが標準装備されています。

この価格帯でライト、スタンドが付いているクロスバイクは正直かなりお買い得です。

フレーム展開は3つあります。身長に合わせて選びましょう。

ネット限定販売のため、店舗での販売はされておりませんのでお気を付けください。

ネットで知っているメーカーで買いたいが、価格は抑えたいという人にもピッタリな一台です。

おわりに

以上ランキングの3つが自転車整備士視点から見たおすすめの車体です。

このおすすめの車種以外にも多くのお手頃価格の自転車があります。

そして、選んだ自転車にどんなパーツをつければいいのか、どんな乗り方をすればいいのか以下のサイトのリンクから飛んでいただくと詳しく分かるようになっていますのでぜひ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたにピッタリの自転車が見つかりますように。

クロスバイクおすすめランキング~自転車整備士がメリット・デメリットなど詳しく解説~
自転車整備士が作るクロスバイクのサイト。おすすめ車種をランキング形式で紹介や、つけておきたいパーツ、メンテナンス情報、乗り方の解説まで。自転車整備士ならではの視点から、失敗しないクロスバイクの選び方を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました