【女性向け】おすすめクロスバイクをランキング形式で‐自転車整備士が作成‐

未分類

このページでは、女性向けのおすすめクロスバイクをランキング形式でご紹介。

クロスバイクはフレーム規格というものがあります。

その規格は最低サイズでも身長約155㎝からが多いです。ものによっては160㎝からが最低ラインもあり、女性にとっては少し大きいなと感じる人が多いかと思います。

無理してサイズの合っていないクロスバイクを選んでしまうと車体に力が伝わらなかったり、足が地面に付かなかったりしてとても危ないです。

しかし、ご安心ください。

女性用のフレーム、26インチのタイヤを採用している足つきのよいクロスバイク、あります。

整備士視点から選んだ選りすぐりを載せていますのでどうぞご覧ください!

クロスバイクは初めてだし・・・。
どういった乗り方をするのか、パーツはどのようなものがあるのか知っておきたい!
という方は先に、以下のサイトをご覧になっていただけたら疑問が解決するかと思います。

クロスバイクおすすめランキング~自転車整備士がメリット・デメリットなど詳しく解説~
自転車整備士が作るクロスバイクのサイト。おすすめ車種をランキング形式で紹介や、つけておきたいパーツ、メンテナンス情報、乗り方の解説まで。自転車整備士ならではの視点から、失敗しないクロスバイクの選び方を紹介しています。

下部リンクの本編でも記載している通り、自転車は整備点検済などの表記がない限り既に点検をされているケースはほとんどないです。

そのため、自転車の形になっていてもブレーキ等の調整が済んでいないので、自転車屋さんに整備をお願いしに行きましょう。

段ボールに詰められて入っている場合、自分でできるようにちょっとした工具も入っている場合もありますが、
その際も整備に持っていくことを強くオススメします。

届いたままの段ボールに入った状態で持っていっても受け付けて貰えることがほとんどです(ゴミも捨ててもらえたり)。

事前にお店に確認を取っておけば、なおスムーズですね。

そのついでに自転車店では防犯登録もお願いできることが多いので、販売証明書を持参して、やっておきましょう。

女性向けクロスバイクの特徴

女性向けクロスバイクとは、身長140~170cmの人向けのサイズ展開で、通常より低身長向けに設計されていることが特徴です。

フレームサイズが大きすぎないため、自然な体勢で乗車でき疲労を軽減できます。

サイズが合っていればブレーキやハンドルの操作がしやすいので、安全性の向上が期待できます。

骨盤が男性より広い女性向けとして、サドルの幅も広めに作られています。

しっかり骨盤を支えられるため、走行中にお尻が痛くなるリスクを軽減できるのが利点です。

トップチューブが下がっていて、またがりやすいモデルが多いのもうれしいポイントです。

カラーバリエーションが豊富で、好みに合うモデルを見つけやすい点もメリットです。

一般モデルではめずらしいカラーも見つかります。かわいいものからかっこいいものまで、服装に合わせたり好きな色を選んだりして、よりクロスバイクを楽しみましょう。

適応身長でのクロスバイクの選び方

文頭でもお話ししたようにクロスバイクに乗るうえでサイズは最重視した方がよいです。

女性向けクロスバイクを購入するときは、適応身長が自分に合っているモデルから選びましょう。

クロスバイクは日本人女性には大きすぎるものが多く、サイズが合わないと走りにくかったり、操作が不安定だったりと危険をともないます。

安全面を考慮して、適応外の場合は避けましょう。

ただし人によって手足の長さは違うので、適応身長はあくまで目安にとどめましょう。

クロスバイクは一般車(ママチャリ)よりもサドル位置が高いケースが多いため、使いたいサドル高で使えるかもあわせてチェックしてください。

不安な場合は、実際に店頭でまたがったり、試乗したりするといいでしょう。

ほかにも、またぎやすさを考慮したメーカー独自デザインのフレームもあるので、乗り降りしやすいモデルがいいならばフレームの形状をチェックしましょう。

適応身長に合ったサイズを選ぶ

自分の身長に合ったサイズのクロスバイクを選ぶことが大切です。

サイズが合わないと、乗り心地が悪くなったり、操作が不安定になったりして危険です。

一般的には、身長140cm~170cmの女性にはXXS~Sサイズ、身長170cm以上の女性にはM~Lサイズがおすすめです。

ただし、身長だけでなく手足の長さや体型も個人差があるので、適応身長はあくまで目安です。

実際に店頭で試乗したり、サドルやハンドルの高さを調整したりすることで、自分に合ったサイズを見つけることができます。

またぎやすいフレーム形状を選ぶ

フレーム形状は大きく分けて、トップチューブが地面と平行なホリゾンタルタイプと、トップチューブが下がっているスローピングタイプがあります。

ホリゾンタルタイプはかっこいい見た目でまたぎにくいという欠点が、スローピングタイプはまたぎやすく、乗り降りしやすいというメリットがあります。

また、女性向けに開発されたフレームもあります。
例えば、ジャイアントの女性専用ブランド「Liv」では、「3F(Fit:フィット・Form:フォルム・Function:ファンクションの略)」というコンセプトでフレームを設計しています。

自分の用途や予算に合わせてパーツを選ぶ

クロスバイクのパーツは多種多様ですが、主に以下のようなものがあります。

  • 変速機:ギア数や操作方法によって走行性能や価格が変わります。
    一般的にはギア数が多いほど高価ですが、坂道や風向きに応じて細かく変速できるメリットがあります。
  • ブレーキ:ブレーキはタイヤのリムにブレーキパッドを当てて制動するキャリパーブレーキと、タイヤの中心にあるディスクにブレーキパッドを当てて制動するディスクブレーキがあります。 
         
  • タイヤ:タイヤは幅やパターンによって乗り心地や走行性能が変わります。
    一般的には幅が細いほど軽快に走れますが、振動や衝撃を受けやすくなる点があり、幅が太いほど安定感や快適性が高まりますが、抵抗が大きくなります。

これらのパーツは自分の用途や予算に合わせて選ぶことができます。

例えば、街乗りや通勤通学ならば、変速機は少なめで操作しやすいもの、ブレーキはキャリパーブレーキ、タイヤは幅広めで快適なものがおすすめです。

サイクリングやロングライドならば、変速機は多めで細かく調整できるもの、ブレーキはディスクブレーキ、タイヤは幅細めで軽快なものがおすすめです。

付属品やカラーもチェックする

クロスバイクには、スタンドやかご、泥除けなどの付属品がついているものとついていないものがあります。

付属品がついていると便利ですが、重量や価格が上がることもあります。自分のニーズに合わせて必要な付属品を選びましょう。

また、カラーも重要なポイントです。

クロスバイクはファッションの一部として楽しむこともできるので、自分の好みや服装に合わせたカラーを選ぶとより満足感が高まります。

女性向けクロスバイクには、ピンクやパープルなどのかわいいカラーから、ブラックやグレーなどのかっこいいカラーまで豊富にあります。

おすすめランキング

第1位

GIANT ( ジャイアント )   LIV ESCAPE RX W ( LIV エスケープ RX ウィメンズ )

・タイヤサイズ 700×28c

・適応身長 140㎝から

・変速は前2×後9の18段変速

・フィットネスやサイクリング目的で走りたい女性に最適なスポーティクロスバイク「エスケープRX W」。

女性の骨盤に合わせたサドル、フィット感の高いグリップなどを使用し、快適性を追求。

520mm幅のハンドルや160mm長のクランクなど、専用スモールサイズパーツ採用のXXSサイズを展開しており、女性の方も安心して乗ることができます。

身長の低い方や女性がクロスバイクを探している、となるとまずオススメするのがこの1台エスケープRX W」。

高い走行性能があり、適応身長も低めで乗りやすいので幅広い層におすすめできるクロスバイクとなっています。

第2位

CANNONDALE ( キャノンデール )  Quick Disc Women’s 4 ( クイック ディスク ウィメンズ 4 ) 

・タイヤサイズ 700×35c

・適応身長 160㎝前後

・変速は後のみ9段変速

・油圧式ディスクブレーキ

・横には強く、縦にしなるような複雑な加工がされたフレーム。
漕いだ力は外に逃げず、路面からの振動は吸収してくれるので快適に走れます。

油圧ディスクブレーキを使用しています。
そのため、ブレーキのタッチや制動力が機械式ディスクブレーキよりも格段に向上するので、握力のない女性の方にはおすすめです。

パーツスペックは通常のQuick 4と同等ですが、サドルが女性の骨盤に合わせて僅かに幅広になっていることと、ハンドルの幅が左右1センチずつ短くなっています

そのため、適応身長が少し高めですが女性も快適に乗ることができます。

第3位

あさひ WEEKEND BIKES(ウィークエンド バイクス)26-L 26インチ


・タイヤサイズ 26インチ

・適応身長 約155㎝から

・変速は後のみ7段変速

・このクロスバイクは26インチのタイヤを採用しております。

フレームやブレーキはクロスバイクのパーツを搭載していますが、一般車のタイヤと同じ規格のためスポーツ車よりも足つきが格段に良いです。

そのため、身長が低めの方、細すぎるタイヤはスピードが出で不安という方にもオススメの一台となっております。

スタンドが標準装備されているのでコストパフォーマンスも良いです。

おわりに

以上ランキングの3つが自転車整備士視点から見たおすすめの車体です。

このおすすめの車種以外にも多く女性向けのクロスバイクがあります。

そして、選んだ自転車にどんなパーツをつければいいのか、どんな乗り方をすればいいのか以下のサイトのリンクから飛んでいただくと詳しく分かるようになっていますのでぜひ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたにピッタリの自転車が見つかりますように。

クロスバイクおすすめランキング~自転車整備士がメリット・デメリットなど詳しく解説~
自転車整備士が作るクロスバイクのサイト。おすすめ車種をランキング形式で紹介や、つけておきたいパーツ、メンテナンス情報、乗り方の解説まで。自転車整備士ならではの視点から、失敗しないクロスバイクの選び方を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました